<< 秋深き | main | ムカゴ >>
桟敷童子『黄金の猿』/さらばベニサン・ピット
0

     本サイトのデザイナー、役者の鈴木歩己ちゃんが客演中の、劇団桟敷童子公演『黄金の猿』を東京森下ベニサン・ピットへ観に行って参りました。飛行機

     ベニサンは10数年ぶりですね。14,5年前はTPTを観によく来ました。来年早々に閉鎖してしまうそうですね。残念〜しょんぼり。世界的な金融不況恐慌とやはり無関係ではないのでしょうかね・・。

     入り口ののぼりを撮っておきました。暗くてちょっとアレですが。
    舞台セットを写真に撮れないのが残念です。丸太や竹を無数に交差させて鳥の巣のようにした物凄いセットでしたびっくり。北京オリンピックのスタジアムを思い出しました。
     
     芝居は"ネオ・アングラ"と言われるだけあって凄いパワーでしたびっくり。水が上から下からドバドバ噴き出すし、スモークはガンガンだわ、床がバーンって持ち上がって開くとプール(!)になっていてその中で殺し合いはするわ・・とまあとにかくお口があんぐりな感じで凄かったです。
    一体水何トン使ってるんでしょうか!?
     
    写真は左から石井ちゃん、僕、髭ヅラの歩己ちゃん・・・といつものメンバー。
    一番右はベテラン俳優の辻親八さんです。僕の大好きなCSIマイアミでは、フランク刑事の声をやってらして、いつも楽しませてもらっています。

    『黄金の猿』は12月7日までやっています。

    あゆみちゃんは、水には殆ど濡れない役ですが、大変そうな芝居ですので風邪などひかないように最後まで頑張ってもらいたいものです。グッド
    | ロック・演劇・アート系 | 14:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kingfisher-nobu.com/trackback/886187
    トラックバック