<< お盆/お墓 | main | 用水路de Fishing >>
茨城県石下町観光
0

    ダブリンから65キロ位離れた、茨城県の石下(いしげ)町へ観光へ行って来ました。
    うちのご先祖様が、鎌倉時代末期にこの町の豊田氏へ嫁いで来たという歴史があるらしく、母がとても行きたいと言うので連れて来ました。

    写真は資料館を兼ねた復刻版豊田城です。実際はこんなでかい城では決してなかったと思います。名古屋城より高いらしいですから。まあ・・勢いでこの町が勝手に作ってしまったのでしょう(笑)。


    案内板がヨレヨレだなあ・・。そういえば石下町って今はもう無いんですよね。どこかと合併して常総市になったみたいです。看板に上から常総市って貼ってあるのがなんとも・・。

    なんで町と町が合併すると大抵味気無くてサブい名前になるんでしょうね?栃木にも、喜連川(きつれがわ)っていうとても良い名前の町があったんですけど、合併してさくら市になってしまいました。なんだよさくら市ってよ!?と思うのは僕だけではない筈です。

    そんな話はさておき、この城の中の資料館はとても面白かったです。元々歴史資料館とか民俗博物館みたいなのは大好きです。


    この町出身の詩人・作家、長塚節(ながつかたかし)の碑が入り口にあります。銅像もありました。
    『たらちねの母が釣りたる青蚊帳を・・』の句はとても有名かと思います。
    小説『土』も有名ですね。


    同じ石下町内にある東弘寺も行きました。とても古い(鎌倉時代?)薬師如来像があるそうです。見れませんでしたが。(豊田城の資料館にレプリカはありました)


    将門公苑というのもあってちょっとだけ寄りました。この辺は平将門の本拠地だったんですね。
    うちの先祖は更に辿って行くと、将門を討った藤原秀郷らしいので・・呪いとか少し気になりますが・・まあいいでしょう。歴史の本を深く読み解くと、将門は非常に魅力的な人物・武将ですね。

    碑の将門の顔は加藤剛さんを多分に意識しているのでしょう(笑)。
    | 文学・歴史・アカデミック系 | 23:54 | comments(5) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    私も、しばらく前ですが、行ってきました。団子の美味しい店があったと思います。横山のおばちゃんは、長塚節のいとこだって言ってました。
    | ノボル | 2009/09/06 8:31 PM |
    横山のおばちゃんて誰だっけ?
    | Dub | 2009/09/06 10:53 PM |
    ご主人が栃女の先生で、茨城出身と言うことでつきあいがあったみたいですが、私も良くは知りません。大町によく遊びに来てました。ところで、鍋山には8ミリ映写機は残っていますか、有れば昔のフィルムが出て来たのでもう1度映写してから処分しようかと思いまして。
    | ノボル | 2009/09/11 6:21 PM |
    はいはいあとで知らせます。わざわざここで言わんでも(笑)

    いやでも・・・映写機か・・どうでしょうね・・?
    | Dub | 2009/09/12 3:57 AM |
    私、今ブログなる物を研究しています。良くシステムが理解できないのです。たとえばコメントとトラックバックですが、どっちがどうだと言うのだ?URLには何を入力するの?私のHPのアドレス(アドレスはメールだっけ)ですか?Cookieに登録するとどうなるの?と言うところです。
    | ノボル | 2009/09/12 9:47 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kingfisher-nobu.com/trackback/1113823
    トラックバック