one night at the Tokyo Studio
0

    詩をあれこれ推敲中


    試行錯誤は続く・・・
    | ロック・演劇・アート系 | 02:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    四次元さんで上映会(6/27)
    0

      27日に一日中やってきました。


      テレビとDVDプレーヤーは、うちからえっちらほっちら運んで来ました。


      楽しそうに見てくれている方々が結構いらしたので良かったです。
      | ロック・演劇・アート系 | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      6/27日(日) 映像詩『翡翠の詩』上映会やります
      0
        6月27日・日曜日 栃木市大通りのカフェ、四次元ポケット静で

        峯岸信之の映像詩
        『翡翠の詩〜熊下休文の里カワセミ物語』(2004年/カラー/20分)

        を一日連続上映します。

        一組のカワセミの番いの出会い、子育て、巣立ちの全プロセスを追った貴重なドキュメンタリー映像。(終日連続リピート上映)

        撮影:99%峯岸信之
        構成・ナレーション・音楽:私
        編集:水戸ひねき



        四次元の大将です。今のマラドーナにそっくりです。自分ではビン・ラディンと言っています。


        〇特別上映(PM5:00〜 の1回のみ)もあります

        70年代に、峯岸信之が巴波川の水源をリサーチした、これまた貴重な映像!

        『巴波川の水源を訪ねて』(1973年/8mm/カラー/29分 +ニュース映像11分)

        写真展のプレイベントとして盛り上がればいいなと思っています。


        四次元ポケット静 0282-22-1021/栃木市万町1-20


        | ロック・演劇・アート系 | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        session #?? /Feb.
        0

          I think Marshall's amplifier puts outta more punkish sounds.
          Like.."baki baki!""gyakin gyakin!"
          Fender is warmer. But I like Marshall too.


          Rie is also playin' the guitar today.
          Can she play the guitar? well..umm..I don't know.(笑)
          | ロック・演劇・アート系 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          session at the studio
          0

            今日は(Oct.3)Tokyoのスタジオにてバンド練習。
            地味〜にやってます。こういう地味〜で真面目な練習がロックにも必要です。

            鏡越しに撮ったから、俺左ききギタリストになってる。カート・コバーンみたい?Tシャツはジミヘンだけど。

            ********************

            そしてこの日はえびちゃんの誕生日。ドイツ統一記念日。
            そして僕の**回目の誕生日でした。ケーキ2

            夜は芝居仲間が何人か集まってくれて、美味しい韓国料理屋さんで楽しくお祝いしてもらいました。

            凄い楽しいプレゼントを頂きました。それはまた次回

            | ロック・演劇・アート系 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            吸血鬼
            0

              僕が音楽を担当している、劇団グリング公演『吸血鬼』の開幕がいよいよ目前に迫って来ました見る

              えー、ドラキュラが出てくる訳ではありません。僕が付けているのは正月に食べたカニの爪です。ピピピ

              ・・・渋谷のとあるアパートの小さな一室で一人のOLが死んだ。昔の恋人である脚本家が彼女の死の真相を探ろうと調査を始める。しかしそれは出口の無い迷宮への入口だった・・・。

              サワリはこんな感じです。僕の大好きなデヴィッド・リンチの映画のような舞台になっているかと思います。霧
              音楽も紆余曲折あり色々大変でしたが、魂を込めて作りました。

              青山円形劇場にて3月5日(木)〜15(水)までです。沢山のご来場お待ちしております。後日NHK-BSにて放送予定です映画
              右下のリンクのところにグリングのサイトを貼っておきました。よかったら見て下さい♪


              そんな訳で昨日稽古場へ仕事の確認に行って参りました。
              真剣な表情でダメだしをしているメンバーたち聞き耳を立てる


              そんな真剣さをよそに呑気に写真を撮る私・・
              迷惑な奴だ・・ニョロ


              お馴染みの方々と。左からウクレレまたはソノグラ・サンクレ氏(笑)。稽古終了後は彼のウクレレと僕のギターでセッションと決め込みました。
              右は僕の歌姫リエH嬢。


              演出助手の良子ちゃんと仲良しツーショットラブ

              僕の仕事というのはもう終了してしまっているのですが、初日の幕が開くまではずーっとドキドキ・ハラハラしっぱなしです。
              無事幕が開きますように赤ちゃん
              | ロック・演劇・アート系 | 23:51 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
              アルビノーニのアダージョ
              0
                日曜日にグリングの稽古場へ(青山劇場の巨大なリハーサル室)行って参りました飛行機。写真を撮り忘れたのが残念です。デジカメ持って行ったのに〜しょんぼり
                音楽の構想を考えるので一杯一杯でした。

                そこで色々音楽の話になって、クラシック音楽の話になりました。パッヘルベルのカノンが結構話題になったんですが(コード進行の話絡みで)、アルビノーニのアダージョの話にもなりました。

                ご存知ですか?アルビノーニのアダージョ。文字だと表現できないのがアレなんですが・・どマイナー進行の思い切り暗くて悲しい曲です。よく葬儀場のお葬式でかかったりもします。こんな名曲無いくらいな名曲だと僕は思いますけどね。(オーソン・ウエルズの『審判』で一般には有名になったのかな)

                でもこの曲、アルビノーニ(1671-1751)が作ったモチーフの断片をレモ・ジャゾットが大幅に加筆・編曲してしまったものだと言われています。(アルビノーニの楽譜は第二次大戦の際大半が焼失してしまったらしいので)

                まあそれはどうでもいいんですが・・。今日は何が言いたいかというと、このアルビノーニのアダージョ、僕が小学生の時、なんと給食の時間の校内放送で毎日かかっていたのです!!!!!びっくり 楽しい給食の時間にアルビノーニのアダージョかよ!と今思えばビックリです。何を考えていたんだ、ダブリン栃木第一小学校の放送部は?

                しかし、音楽の力とは凄いもので、それまでワイワイ騒ぎながら給食を食べていた生徒たちが、このアダージョが始まるやいなや”シーン”と静まり返ってまるでお葬式のような沈黙でもって給食を食べていたのをよく覚えています(笑)。ホントですよ。これホンマ実話ですよ。今考えると自分でも信じられないんですけどね。

                ああ、音楽の力よ・・ピピピ
                あぁ、音楽の神よ、我に降りたもう!ニョロ






                | ロック・演劇・アート系 | 08:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                泰葉・・
                0
                  今日は徹夜せずになるべく早く寝るつもりだったのです。が・・ミックスダウンでドつぼにはまり、ミックス中にオルガンの音が気に入らなくなり録り直したりしてたらなんともう朝の9時じゃないか!!!!怒りびっくり
                  音を創るのはこだわりだしたらキリがないですね。

                  関係ないですが、僕は泰葉は大好きです。

                  | ロック・演劇・アート系 | 09:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                  Merry X'mas
                  0

                    ツリーえー、本クリスマスなので美女の写真でもどうぞ。リース

                    あ、すいません、これ僕でした・・・ポッ
                    別に趣味じゃないですよ。仕事でこういうこともせねばならん時もあるわけです。喜んでやりますけど。
                     2年位前にとある"芸術的な"、極めて芸術的な音楽ライブに出演しました。で、主催の某ピアニスト・矢沢朋子嬢に「女装しろ」と言われまして。この格好でギター弾きまくったものです。

                    撮影は折りしもこのライブを観に来たあゆみちゃんです。カメラ
                    後ろに写っているのは、渋谷classics所有の、FenderのTwin Reverbというギターアンプです。ヴィンテージ。もちろん真空管。やっぱ物凄い音良かったです。僕のギターもFender(Jaguar'62)なので相性もバッチリでした。自宅に置きたいワ〜!ラブラブ

                    ということで、Happyケーキ2クリスマスになったでしょうか?




                    友達のpepちゃんが今日無事女の子を出産されたそうです。おめでとうpepちゃん!結晶
                    X'masガールだねツリー
                    | ロック・演劇・アート系 | 23:56 | comments(6) | trackbacks(0) | - |
                    桟敷童子『黄金の猿』/さらばベニサン・ピット
                    0

                       本サイトのデザイナー、役者の鈴木歩己ちゃんが客演中の、劇団桟敷童子公演『黄金の猿』を東京森下ベニサン・ピットへ観に行って参りました。飛行機

                       ベニサンは10数年ぶりですね。14,5年前はTPTを観によく来ました。来年早々に閉鎖してしまうそうですね。残念〜しょんぼり。世界的な金融不況恐慌とやはり無関係ではないのでしょうかね・・。

                       入り口ののぼりを撮っておきました。暗くてちょっとアレですが。
                      舞台セットを写真に撮れないのが残念です。丸太や竹を無数に交差させて鳥の巣のようにした物凄いセットでしたびっくり。北京オリンピックのスタジアムを思い出しました。
                       
                       芝居は"ネオ・アングラ"と言われるだけあって凄いパワーでしたびっくり。水が上から下からドバドバ噴き出すし、スモークはガンガンだわ、床がバーンって持ち上がって開くとプール(!)になっていてその中で殺し合いはするわ・・とまあとにかくお口があんぐりな感じで凄かったです。
                      一体水何トン使ってるんでしょうか!?
                       
                      写真は左から石井ちゃん、僕、髭ヅラの歩己ちゃん・・・といつものメンバー。
                      一番右はベテラン俳優の辻親八さんです。僕の大好きなCSIマイアミでは、フランク刑事の声をやってらして、いつも楽しませてもらっています。

                      『黄金の猿』は12月7日までやっています。

                      あゆみちゃんは、水には殆ど濡れない役ですが、大変そうな芝居ですので風邪などひかないように最後まで頑張ってもらいたいものです。グッド
                      | ロック・演劇・アート系 | 14:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                      | 1/2PAGES | >>